その他下半身治療

STD/性病

STDとは「Sexually Transmitted Diseases」の頭文字を取った略号で日本語では性感染症と言います。
早めの予防と対策が重要な鍵になります。
SEXでパートナーに感染してしまう恐ろしい病気です。
日本国内では男性と女性を合わせて約600万人がSTDに感染している報告があります。

性行為をする場合は日常的にコンドームを装着するなどの予防が大切です。
性感染症は細菌やウイルスの種類によって治療方法が異なります。
患部に薬を塗ったり抗生物質の薬を飲んだりして治療し、腫瘍ができるタイプは患部を外科的に切除する方法もあります。

様々なSTDと性感染症について

どういった性感染症があるのか紹介します。

■性器クラミジア感染症
病状が進めば痛みをともないます。
初期段階では自覚症状が少ないです。
男性は膿が出る場合もあります。

■淋菌感染症
古くからある病気で男女ともに膿が出ます。

■尖形コンジローマ
HPVウイルスが粘膜や皮膚の細胞を増殖させて起こる良性腫瘍です。
男性の場合は亀頭部分にイボができます。

■性器ヘルペス
亀頭付近に赤いブツブツ状のものができます。

■カンジタ
女性に多い性感染症です。
男性が発症した場合は、かゆみや亀頭炎を引き起こします。

■トリコモナス
男性は自覚症状があまりないですが尿道炎を引き起こす性感染症です。

■エイズ(HIV)
最も知られた性感染症で日本でも感染者数が増えているのが懸念されています。

ABCクリニックで病気に応じた治療方法を

性感染症を放置しているのは危険極まりない行為です。
症状が感染する前に、まず予防することが大事です。
症状が軽いうちに治療することによって治療期間を大幅に短縮できます。

ABCクリニック札幌院では性感染症の専門知識がある優秀な医師がその病気に応じて丁寧に治療しますので安心しておまかせください。
性病は予防と感染を広げないため早め早めの対策が不可欠です。
自覚症状がある場合はプライバシーは厳守しますので至急ABCクリニック札幌院にご相談ください。
ABCクリニック札幌院は自由診療なので、保険証に性病の検査・診察・治療の履歴を残さずに診察が可能です。
プライバシー保護も万全ですから安心ですし他人に性感染症の病歴を知られることはありません。

こんな方におすすめです!
こんな効果があります!
注意事項・アフターケア