包茎治療

包茎とひとくちに言いますが、さまざまな包茎があります。
とてもリスクがあるような重症な包茎もあります。

日本人は特に包茎が多いと言われています。
男性が悩んでいる身体の悩みでも上位に入っています。
包茎の場合は、女性とのセックスも堂々とできません。
大浴場や温泉に入る場合でも、ついついペニスを隠しがちになってしまいます。
放置しておくと身体が危険になる包茎もあるのです。

包茎治療は「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」の3種類があります。
症状によって自己判断できない場合もあります。
もしも不安な場合はABCクリニック札幌院の無料カウンセリングをご利用いただけますのでお気軽にお問い合わせください。

※包茎の症状につきましては、ご自身で判断をするのではなく、クリニックでの診察をおすすめします。

包茎の種類

包茎の種類は、以下の「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」3種類に分けられます。

真性包茎

真性包茎の特徴は包皮口が極端に狭くなっていることです。
その結果、亀頭が露出せずに包皮が常にかぶさってる状態のペニスになります。

症状にもよりますが、包皮と亀頭が癒着している場合があります。
そうするとペニスがたとえ勃起しても包皮がめくれて亀頭がでてこないのです。
ペニスが普通の状態であっても包皮を剥いて亀頭が露出できないペニスが真性包茎なのです。

真性包茎は3つの包茎の中でも最も重症です。
治療が必要になるので医療保険が適用できるのです。
健康リスクがありますから、迷わずに一日も早くご相談ください。

亀頭部分が常に保護されているので刺激に弱く早漏になりがちです。 また不衛生になったり、ペニスが先細くなり弱々しいペニスとなってしまいます。
できるだけ早めに治療を行った方が良いでしょう。

  • 予約の流れ
  • 治療費用一覧

仮性包茎

仮性包茎の特徴は、ペニスが興奮して勃起したら亀頭が露出することです。
だから平常時でも手を使えば簡単に皮が向けるようになっているのです。

特に仮性包茎の場合は、日常生活で困ることはないでしょう。
しかし仮性包茎の程度によっては治療をしたほうが良いケースもあります。
仮性包茎でも状態によっては軽度の場合もあるし重度の場合もあります。

できるだけ亀頭を露出するように習慣づけましょう。
清潔にしておかなければ不衛生になり健康を害することもあります。

真性包茎と同様にペニスが先細くなり弱々しくなります。 恥垢がたまりやすく不衛生です。 包皮の中に陰毛を巻き込んで痛みを感じることもあります。
気になる方は一度カウンセリングを受けることをおすすめ致します。

  • 予約の流れ
  • 治療費用一覧

カントン包茎

カントン包茎は、包茎の中でも深刻なタイプの症状です。 平常時は何とかして亀頭を露出できるようです。 しかしながら、ペニスが勃起した場合に亀頭が露出できないのが特徴です。

強引に包皮を剥くと亀頭部分の根元を包皮が締め付けてしまうようになってしまい、元に戻らなくなり非常に危険になります。
カントン包茎になるとペニスや亀頭部が腫れ上がり、最悪、壊死してしまう可能性もあります。
危険ですからすぐに治療することを強くお勧めします。

性行為のときに包皮が裂けてしまい、激痛が走ります。 締め付けられた状態で放置していると、うっ血してしまい最悪の場合、壊死してしまうこともあります。
うっ血している場合は、早急に治療を行った方が良いでしょう。

  • 予約の流れ
  • 治療費用一覧